いびきをかかない方法

いびきをかかない方法 サプリメントでいびき対策ができるってホント?

 

「いびきがうるさいと家族から言われる」
「友達や恋人と旅行に行けない」
「無呼吸や睡眠不足になるのが心配」

 

いびきというのは本人は気づかないものですが、周りは敏感で後から聞くと「〇〇のいびきがうるさくて眠れなかった」と陰で言われていることも少なくありません。

 

筆者自身もいびきがうるさい、というより爆音と言われ、いろいろ試してきました。

 

そこで、いびきを完全に0にするというのは個人差があるものの、今よりもいびきをかかない方法をご紹介します。

 

寝てる時に鼻呼吸にする方法

いびきをかかない方法 サプリメントでいびき対策ができるってホント?

人間は無意識に呼吸をしています。
口呼吸は様々なデメリットがあるため鼻呼吸を意識しているヒトは多いかと思います。しかし、寝ているときにはその意識が外れるため口呼吸になってしまうのです。

 

寝てるときに口呼吸だといびきは大きくなります。いびきが大きい人は口呼吸に自然になってしまっている場合が多いです。

 

「でも、寝ているときの呼吸法なんてどうしようもないんじゃない?」

 

と思う方も多いかと思いますが、実はやり方次第で寝ているときの呼吸法を口から鼻へ変えることが可能なのです。

 

口テープをする

いびきをかかない方法 サプリメントでいびき対策ができるってホント?

子供でも思いつきそうな発想ですが、一番効果的です。
もちろんセロハンテープではだめです。使うのは医療用のテープ(サージカルテープなど)など肌にくっつけることを前提としたテープを使用します。

 

ただ唇はバリア機能が薄くかぶれやすいため、かぶれてしまう場合は、唇に触れる部分にテープを短く張り付け接着面を最小限に留めてみて様子を見ましょう。

 

筆者は唇が荒れていた時は唇部分にガーゼを使用しました。

 

鼻づまりの解消

いびきをかかない方法 サプリメントでいびき対策ができるってホント?

アレルギー性鼻炎や慢性鼻炎の場合は、鼻呼吸にしようと思っても不可能です。
なのでまずは治療が最優先ですが、慢性鼻炎の場合は薬を飲むほどではないというときもあるかと思います。

 

そこでおすすめしたいのが、鼻孔を強制的に開けるノーズピンというグッズを使用する方法。これは鼻の中に高品質シリコンを入れるので鼻水に関わらず鼻通りを確保することができます。また、鼻の中には入れず、鼻孔を広げるブリーズライトも一時的にいびき軽減の効果が期待できます。

 

また、アレルギーは免疫力が落ちている証拠という説もありますので、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖など腸内フローラを整える食事をすることも有効だと考えられます。

 

大人になってからのアレルギー性鼻炎は放っておくと喘息など重篤な症状になりかねないため、アレルギー外来などで早めの治療をしましょう。

 

サプリメントを飲む

いびきをかかない方法 サプリメントでいびき対策ができるってホント?

いびきを改善するために良いサプリメントに「コエンザイムQ10」サプリメントがあげられます。
コエンザイムQ10というと美容サプリや化粧品としてよく耳にしますが、もともと体内にある物質です。

 

コエンザイムQ10は40代になると20代のころ半分になるといわれています。
コエンザイムQ10が不足するとエネルギーの生産効率が落ち、細胞の活性化率が落ちてしまいます。すると筋肉にハリがなくなるため、口の中の筋肉が弛緩するときに垂れ下がりすぎてしまうのです。

 

そこでコエンザイムQ10を外部から摂取することでエネルギーの生産性を高め、細胞活性化させ、筋肉のたるみを予防し、改善しやすくなる状態を作ることが期待できるのです。

 

いびきの原因の一つである気道周辺の筋肉のゆるみは、加齢が大きな原因となって起こります。気道周辺の筋肉は意識してあまり鍛えらえるものではないため、コエンザイムQ10などのサプリメントの力は有効と考えられます。

 

しかし、ただコエンザイムQ10が入ってるものならいいというわけではなく、『還元型』と言われる体にそのまま吸収される形に変化させたものを利用するようにしましょう。

 

他にもコエンザイムQ10の力を高める素材が入っているとなおよいでしょう。

 

では、具体的にどういったサプリメントがあるのか特徴とともにご紹介していきます。

 

いびき対策ができるサプリメントランキング

 

サイレントナイトの特徴

サイレントナイトは、年齢によりどうしても落ちてしまう筋肉の維持改善が期待でき、どうしても溜まってしまう疲労ストレスにアプローチするサプリメントです。

細胞の活性化といった効果が期待できる還元型コエンザイムQ10に加え、アメリカのマラソン選手や水泳選手のパフォーマンス向上のために作られたリンゴ酸マグネシウムを配合しています。

さらに、ストレス軽減が期待できるギャバに加え、一年間に8万km以上飛ぶ渡り鳥が最も疲れる部分に豊富に含有しているイミダペプチドを配合しました。

現在、初回限定で2480円で試せるキャンペーンを実施中です。

 

サイレントナイトのおすすめポイント
  • 有酸素スポーツのパフォーマンス向上のために作られたリンゴ酸マグネシウム
  • 変換する必要のない還元型コエンザイムQ10配合
  • ストレスに働きかけるギャバ・イミダペプチドを配合
  • 初回価格2480円で試せるキャンペーン

口コミ
飲み始めてからいびきが少し小さくなったかもしれません。自覚はありませんが、起きたときに頭がすっきりすることが多くなったのでそれだけでも買う価値ありでした。
34歳/女性
ネットで見たあいうべ体操と併せて服用しました。成分を見ればわかりますが、飲むだけでいびきを改善するわけではないと思います。ある程度の努力は必要です。プロテインと同じですね。 私の場合は、この他に枕を変えたのと半身浴を行いました。

どれが功を奏したかはわかりませんが、妻曰くいびきがほぼなくなったそうです。自分でもICレコーダーで確認してみましたが、確かに無音に近くなっていました。

41歳/男性

価格 2980円
評価 評価5
備考 初回限定価格
 

いぶきの実の特徴

いびきの原因となる口の筋肉の衰えの維持改善とともに過敏になった自律神経の改善が期待できるサプリメント。

還元型コエンザイムQ10に加え、コエンザイムQ10を持続させる力を持つえごま油を配合。

少量で安定性に優れた独自発酵技術で作られたギャバに加え、心のビタミンともいわれるラフマエキスを配合しています。

睡眠サプリメントには珍しい10日間返金保証を行っているため、まずは体にいれて感じを見てみたいという方にもおすすめです。

 

いぶきの実のおすすめポイント
  • 還元型コエンザイムQ10配合
  • コエンザイムQ10の働きを持続させるビタミンを多く含有したえごま油配合
  • 少量で安定性に優れた独自発酵技術で作られたギャバ配合
  • 心のビタミンともいわれるラフマエキス配合
  • 10日間の返金保証

口コミ
効果があるかないかって言われるとはっきりしたことはわかりません。 でも、飲み始めてから夜考えすぎて鬱になることは少なくなってスーッと寝れるようになりました。いびきについては娘に聞いてみたところ階段を上がってすぐ聞こえる程だったのがドアに近づかないとわからない程度になったよということでした。
一応効果ありみたいです。

42歳/女性
サプリメントなんで効果っていう効果は期待してなかったけど、起き抜けに激しい頭痛が少しでも良くなればって思って買ってみた。そしたら飲み始めてから2週間くらいでそれがなくなった。嫁さんがいびきが小さくなったともいっていました。まだあるので継続は検討中。
37歳/男性

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 初回限定価格
 

ノイズバスターズの特徴

睡眠改善インストラクターが推奨するコエンザイムQ10サプリメント。

コエンザイムQ10には還元型のものを採用。
さらにコエンザイムQ10の吸収をサポートする成分を含む貴重なシソ油に加えて、疲労回復効果やダイエット効果、抗酸化作用などが期待できる黒酢にリラックス効果が期待できるカモミールを配合しています。

現在、公式サイトからの申し込みで1000円で試せるキャンペーン中です。

 

ノイズバスターズのおすすめポイント
  • 睡眠改善インストラクターが推奨するコエンザイムQ10サプリメント
  • コエンザイムQ10の吸収をサポートする成分を含むシソ油配合
  • 有効成分の豊富な黒酢・カモミール配合

口コミ
減ったかもしれません。必ず自分のいびきで起きるのが最近は一回も起きません。もう一か月だけ継続してみようと思います。
37歳/女性
効いてる気がします。 アプリで計測してみましたが、大音量(うるさい)から穏やかよりの騒がしいまで軽減しました。

計測してみたところ、飲む前より2割ほど軽減している感じです。0にしたいという人は不満だと思いますが、少しでも小さくできればいいと思う人にはいいかもしれません。

52歳/男性

価格 1000円
評価 評価4
備考 初回限定価格

 

あいうべ体操

いびきをかかない方法 サプリメントでいびき対策ができるってホント?

いびきの原因は、気道が舌や喉周りの筋肉の弛緩により狭まっていることにより起こりますが、この原因となるのに加齢があります。
若い時は筋肉がしっかり支えてくれていたのにそれが垂れてしまうことで起こるのです。

 

これを解消するのがあいうべ体操です。

 

この体操は加齢などによって垂れ下がった口周りの筋肉を鍛え、いびきの原因となる気道を狭める要因を軽減できることが期待できます。

 

やり方は非常に簡単です。

 

あいうべ体操のやり方

①「あー」と口を大きく開ける
②「いー」と口端を思いっきり広げる
③「うー」と唇を突き出す
④「べー」と舌を下に突き出す

 

この工程を一日に30セット行います。(合計30セットになればOKです)

 

この方法は、舌や顔周りの筋肉を鍛えられるだけでなく、便秘の解消・ドライアイの解消・免疫力UPなどの効果が期待できる一石何鳥にもなる方法です。

 

細胞を活性化させる働きが期待できるいびき対策サプリと併用することをおすすめします。

 

肥満の解消

いびきをかかない方法 サプリメントでいびき対策ができるってホント?

首周りの肉がつくとそれが気道を圧迫する要因となります。
実際、いびきが出てしまう人の多くは肥満気味であることも報告されています。

 

単純にダイエットをするということですが、食事制限や運動だけではなく首周りのリンパマッサージなどを同時に行い血行促進も同時に行うことも視野に入れておきましょう。

 

ストレス解消に軽い運動
いびきをかかない方法 サプリメントでいびき対策ができるってホント?

>

軽い運動には、ストレス軽減効果が期待できます。

 

そもそも、ストレスというのは動物においての闘争と逃走両方の行動をとらせるための本能の産物です。

 

嫌な上司をぶっ飛ばしたい、といって本当に殴れたら爽快ですよね。もちろん、社会通念上も法律上もアウトですが、人間はストレスを感じると何らかの運動(行動)をしたいという欲求の裏返しでもあるため、それを解消してあげるのが有効です。

 

50メートルだけ全力ダッシュするだけでもストレス軽減効果は高いと考えられます。
肥満や年齢、持病などの関係で体に負荷がかかるという場合には、水泳や水中歩行など体の負担には少ないながらも運動強度が高いものを選択するのも一つの手段です。

 

疲労の軽減

ストレスは自立神経が有意になって緊張状態を生み続けるなど心にとって負担になることもありますが、活性酸素を生み内臓を錆びさせるといった弊害もあります。

 

疲労がとれないのは、睡眠不足だからという要因もありますが、疲労状態で仕事などをするとさらにストレスを生むなど悪循環に陥りやすいのも問題です。

 

 

疲労を状態から脱するための活力(エネルギー)は、主に肝臓により生み出されます。

 

健康診断で肝臓の数値が悪い方は肝臓の働きを改善するオルニチンの摂取なども有効である可能性もあります。

 

ストレスや疲労や内臓機能を低下させている恐れがありますますので、特に調子を悪くさせやすい胃腸に良い食事を心掛けることが大切です。胃腸は栄養の吸収器官ですので、そこが弱っているとどんな良い栄養素も意味がありません。鼻詰まりの解消でもご紹介しましたが、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などを摂取して腸内フローラを整えるといった腸活を行うのも良いかと思います。

 

また、疲れには様々な要素が絡まっているため、特に健康診断で理由が分からない場合は、一つずついろいろ試してくのが良いでしょう。

 

いびきをかかない方法は体質改善に尽きる

いびきをかいてしまう原因は、骨格やもともとも筋肉の付き方なども影響しますが、子供の時はいびきをかかなかった、という場合は何らかの病気ではない限り生活習慣又は加齢が原因となっていることがほとんどです。

 

体質改善は、一朝一夕は難しいため3か月は生活習慣を変えてみる必要があります。特にサプリメントを使用しての改善はそのくらいは見ておくのが無難です。

 

サプリメントの場合は、筋肉組織の活性化が期待できるため、あいうべ体操などと組み合わせると効果が早くあらわれることが期待できます。

 

また、過度な飲酒や喫煙もいびきを助長する悪習慣です。もちろん、原因の多くを占める肥満も解消を目指すと健康上も良いでしょう。

 

どれかに心当たりがある、という方は全部は無理でも、家族のため、自分のために、一つずついびきの原因をつぶしていくように挑戦してみていはいかがでしょうか。